赤ちゃん乳幼児の子育て百科

赤ちゃん乳幼児の子育て百科|ママぴよ

妊娠中の便秘と腹痛のお悩みを解消!トイレでいきむのは大丈夫?

      2016/05/23

4

妊婦さんのほとんどが経験される便秘のお悩み。

気分もスッキリしませんし、お腹の赤ちゃんへの影響も気になりますよね。

今回は

妊娠中の便秘と腹痛の原因・おすすめ解消法・トイレでいきんでも大丈夫?

妊娠中の便秘の気になる点についてまとめました。

 

■妊娠中の便秘と腹痛の原因

妊婦さんは、ほとんど全員と言っていいほど便秘を経験されるといいます。

妊娠すると便秘になりやすくなる理由として、

 

・つわりで食生活がかたよる

・つわりで水分不足になり便が固くなる

・妊娠によるホルモンの変化で胃腸の働きが抑制される

・妊娠により運動不足になる

といった原因が挙げられます。

つわりが始まると一定の食べ物しか受け付けなくなりますよね。

また、水分を摂ることすら気持ち悪いと感じてしまうこともあります。

そういった食生活の乱れから便が固くなってしまい、1~2週間排便がないかたも居らっしゃるんですよ。

妊娠でプロゲステロンというホルモンが増加し胃腸の働きが弱まることや

体を動かすことが少なくなるなど妊娠中はとくに便秘になりやすい条件が揃ってしまうのです。

なので意識的に便秘に効く食べ物を摂るようにしたり体を温めるなど、

ケアしていくことが大切です。

 

・便秘と腹痛が一緒に起こる場合

便秘中に腹痛を感じることもよく有りますが

妊娠初期の腹痛には安全なものと注意が必要なものがあります。

腹痛を感じる時は、痛みが便秘によるものなのか?それ以外の原因なのか?を突き止めることが大切です。

便秘による腹痛は

 

・キリキリした痛み

・局所的に痛む

という症状が多いといいます。

もしも

 

・激痛が有る

・痛みと一緒に腹痛がある

 

といった場合は子宮外妊娠や胎盤剥離などの可能性もありますので

なにかおかしいな?痛みが酷いな?と思ったらすぐに病院で診てもらってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

■妊娠中の便秘と腹痛の解消法

・便秘に良い食べ物を摂る

つわり中は食べ物の好みが偏りやすいものですが、

食べられるものの中で、便秘に効くものを意識的に摂り入れていけると良いですね。

【便秘に効くたべもの】

・ヨーグルト

乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。

乳酸菌は胃液に弱いので、胃液の薄くなった状態・・「食事の最後」に摂るのが効果的だそうですよ。

 

 

・シリアル食品

麦を原料として作られたグラノーラなどのシリアル食品は、食物繊維が豊富です。

食物繊維は腸をお掃除し、便を柔らかくする役割がありますし、

牛乳をかけて食べることで善玉菌が増えて腸内環境が良くなります。

 

・オリゴ糖

オリゴ糖は腸内の善玉菌の働きを活性化し、腸内環境を整えてくれます。

あまりクセもなく、普段の食事に気軽に混ぜられるので妊娠中にもおすすめですよ。

できれば「純度100%」のものを選ぶと良いといいます。

 

 

・きなこ

きなこにはオリゴ糖や食物繊維が含まれているんですよ。

粉末でいろいろな食物と組み合わせやすいので妊婦さんにもおすすめです。

 

 

・牛乳

牛乳にもオリゴ糖が入っています。ホットミルクにしたり、

グラノーラやきなこと組み合わせて飲んでみてくださいね。

 

 

・納豆

食物繊維やオリゴ糖が含まれている食べ物で、便秘解消に効果的です。

1日1パックの習慣をつくってみてはいかがでしょうか。

 

 

・ところてん

ところてんには繊維質が含まれていて、水分量も増えるので

便秘におすすめと言われています。

ところてんの味が受け付けられない方は、こんにゃくゼリーも良いですよ。

 

 

 

・水分をとる

 

 

便秘は水分不足も大きな原因になります。

お腹を冷やさないように常温のお水を飲んだり

きなこやオリゴ糖を混ぜた牛乳を飲むのも良いですね。

ただし牛乳は脂肪分が高めなので、飲み過ぎには注意してくださいね。

 

 

・身体を温める

身体が冷えると腸の働きが鈍ってしまうため、ゆっくりお湯につかる半身浴がおすすめです。

熱いと感じないくらいの温度にして、のぼせないようにリラックスタイムを過ごしてみてください。

また、ウォーキングなどの軽い運動をするのも効果的です。

歩くと骨盤が揺れて腹筋が刺激されるので、便秘に効きますよ。

 

 

・マッサージ

腹部のマッサージを時計回り、背中のマッサージを反時計回りに行なってみてください。

腹部の緊張がほぐれて便が出やすくなります。

妊娠していると腸が背中側に来ていることが多いので、背中もマッサージすると良いのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

■妊娠中に便秘でトイレでいきんでも大丈夫?

妊娠初期にトイレでいきんだら

赤ちゃんが出てきてしまわないのかな?と心配になる妊婦さんは多いと思います。

 

 

トイレでいきむ程度であれば、子宮の中の赤ちゃんには影響ないので

いきんでも、問題ないのですよ。

 

 

ただ、

 

・出血がある

・子宮口がひらいている

・切迫早産気味である

 

という時は、注意が必要です。

排便のときに肛門が切れたことでの出血や、

受精卵が子宮内膜に着床するときに、内膜を溶かすことが原因で起こる「着床出血」ならあまり問題ありませんが

妊娠中の出血には危険が伴うものもあります。

生理のような量の出血があったり鮮血の場合は切迫流産の可能性もありますので

気になる出血が有る時は早めに病院で診てもらってくださいね。

また、いきみすぎると痔になる可能性もありますので

なかなか出ない時、いきむのが辛い時はお医者さんに相談してみてくださいね。

 

 

 

■まとめ

 

・妊娠中は特に便秘をしやすくなる

・日頃の食生活や水分補給で対策を

・便秘でいきむことと流産は関係ない

便秘は妊婦さんの根強いお悩みです。

 

つわりで飲んだり食べたり出来ないだけでも苦しいのに、便もなかなか出ないとなると

ストレスが溜まってしまいますよね。

便秘を乗り越えたと思ったら下痢になった・・というケースもよく有りますので

日頃からできるだけ腸内環境を整えてあげるケアや、ちょっとした運動を心がけてみてください。

ぜひご自身に合った便秘解消法を探してみてくださいね。

 

 
気になる妊娠初期のお悩みはこちらにも

妊娠初期の腹痛。左下腹部痛や出血は危険なのですか?

妊娠初期に出血が続く原因は?流産のサインですか?

妊娠中に赤ちゃんの発達障害や自閉症、ダウン症はわかりますか?

スポンサーリンク

 - 妊娠